カヴァ(Kava)

カヴァは、睡眠剤・不安緩和剤として南太平洋諸島で伝統的に飲まれてきたハーブである。不安の軽減に有効であり、その効果は、製薬と等しい効能とも示唆されている。ヌートロピックとしても使用されるが、安全性について議論が行われている。

カヴァと脳

不安の軽減

システマティック・レビューでは、プラセボ群と比べ、不安の”十分な減少”がみられると結論付けた[1]。女性の性的機能の向上との関連性も示唆されているが[2]、これは不安感を取り除いた結果である可能性が高い。

アルコール摂取時のような眠気を誘発するとされるが、少量では、認知機能を害することはないようである。実際には、反応速度・注意力を強化すると報告されている[3]

睡眠の質の改善

2004年の臨床試験では、61名の非精神病の不安症状を持つ被験者に対して、カヴァはプラシーボより効果的に睡眠の質を改善した。この試験では、200mgのWS1490を4週間の服用で効果がみられている[5]。ストレスから起こるとされる睡眠障害の治療に有用であることが示唆されている[6]

用量・用法

臨床試験で最も使用されているのは、ドイツの製薬会社が特許を持つ『WS1490』である。300mg(100mgx3/日)のWS1490は、不安による認知機能低下の軽減に信頼できる臨床データを持つ。短期間においては、800mg/日まで安全性が確認されている。

WS1490は市場にはあまり出回っていないため、カヴァの有効性分であるkavalactonesを含むサプリメントを選ぶ。通常、250mg/日の用量を、食事と一緒に複数回摂取するが、1日1回の摂取に限定するのなら、就寝前の摂取が最も好まれる。

副作用・安全性

肝毒性

EU、英国、カナダでは、肝臓毒性を誘発するとされ規制対象薬物になっている。しかし、肝毒性とカヴァの直接的関連性は極めて低いようである。報告されているケースのほとんどは、肝臓が弱っている人、他の薬物・アルコールとの併用が主要因であるという主張がされている[4]

肝毒性や他の副作用については不明瞭であり、4週を超えて毎日の摂取は避けることが勧められている。

こんな人にお勧め

  • ストレスで眠れない人

お勧めサプリメント

Now Foods, Kava Kava Extract, 250 mg, 120カプセル