About

当ブログについて

  • 管理人、海外のスマドラ体験談
  • 最近増えてきているスマドラ調査
  • エビデンスを元にした情報

サイトは製作中で、誤字・脱字・誤情報もあると思います。論文を読むのは好きですが、医学的なことは無知なので参考程度に。

スマドラ評価

自己実験・体感・エビデンスを元に評価しています。

  • A: オススメ!
  • B: オススメかな
  • C: 自分には合わない
  • D: オススメしない!
カフェインAコーヒーから摂取できるのにわざわざ購入する必要あるのか?と思ってたけど、今は一番購入したいスマドラになった。コーヒーとカフェインは別物。そして、一番体感ができる。休薬は必要とするが、作業前の「やる気」にも効果的。
L-テアニンAもう怖くないカフェインによる焦燥感やイラ立ち。L-テアニンによってカフェインの用量も増やすこともできる!今後、カフェインとのスタック効果の自己実験を行う予定。それによって再評価したい。
ビタミンDBスマドラなのか?という疑問は置いといて、最も不足している栄養素+高用量で気分の向上を示すプラセボ対照試験によるエビデンスがいくつかある。5000iu/日を数カ月継続している。4000-6000iuがベストとか2000iu以上取っても意味ないとか、何十年も研究している人でも意見がまちまち。日照時間の短い北欧でもないし、2000iu以上はオススメしない。
メラトニンB熟睡感が体感できた少ないスマドラの一つ(プラセボの可能性は否定はできないが・・・)。健常者に睡眠の質の向上を見せるエビデンスもあるし、現代はどう考えてもブルーライトでメラトニンが抑制されてるだろ!!用量は0.5mg。今後、小麦粉カプセル作って自己実験を行う予定。Gwernのオススメランキングでモダフィニルに次いで2位。
重酒石酸コリンBカフェインの効果をブーストしてくれる感じがする。朝食は取らないから食欲軽減で重宝。あと、CDPコリンとアルファGPCも摂取したが、単体ではどれも効果が感じられず。なら、コスパがずば抜けているコリンビタルタレートがやっぱオススメという結果に。混ぜないが、カフェイン+コリンはお気に入りのスタック。
ヌーペプトC偽薬使って試験したが、20mgのヌーペプトか20mgの小麦粉か判断つかず驚愕。ただ、ピラセタム同様に徐々に効果が出てくるから意味ないのかなと思ったのと、即効性はないとわかったからテストを一週間で中止。効果があったとしても”わずか”。それと、抗ストレス目的なら他の成分で良し。長期的に服用して少し「やる気」(プラセボ効果?)が出ているような感じがするから、一つ上げてC評価。
ピラセタムD1ヶ月、少量から8g/日を継続したが、はっきりとした効果が体感できず。若い健常者が認知機能が向上したデータは1970年代にあるだけ、しかも1週間では効果をみせず。50代以上なら効果は期待できるかもしれないが、それでも他ラセタムの方が良さそう。
アニラセタムDラセタム系の人気の一つであるが、全く体感できず・・・2014年の健常ラットに対して行われた認知機能の調査では、全く効果がみられなかった。日本では自己回収も行われていた薬品らしく、認知症であっても効果を期待すべきではない。

コンタクト

〜について調べてほしい!など気軽にどうぞ!

Your Name :
Your Email: (required)
Your Message: (required)