ダークチョコレートのカドミウム汚染がヤバイと話題に

金曜日, 3月 03, 2017

ダークチョコレート ランキング

健康にも良いとも言われるダークチョコレートですが、Labdoorのランキング評価によると、「調査した全ての商品で、重金属の安全基準値を上回っている」ことが判明し、海外スマドラ・コミュニティーで話題になっています。

Labdoorによる汚染物質調査

Labodoor ダークチョコレート 汚染

市販されている11のダークチョコレートの重金属を検査したところ、最低一つの許容範囲(California Proposition 65 MADL )を超えてしまうとのことがわかりました。

4つの商品で、カドミウム・鉛の両方で基準値を上回り、3つの商品で、一日のカドミウム安全推奨値の2倍以上含まれているとのことです。

商品の中には、世界的チョコレートシェア上位の「リンツ」「キャドバリー」も含まれます。

All products failed at least one of four heavy metal screenings for arsenic, cadmium, lead, and mercury. Four products failed both cadmium and lead screenings. Three products measured more than double the California Proposition 65 MADL (Maximum Allowable Dose Level) for safe daily cadmium consumption in a single serving. California Proposition 65 publishes proposed and established limits for safe consumption of heavy metals in a full day.

でも、LabdoorってCoA公開してないし、そもそも単なるアフィリエイトサイトじゃ・・・

欧州委員会の見解

EUの食品安全法制取り決める欧州員会の発表によると、2019年1月からチョコレート商品に対して、カドニウムに厳しく上限が設けられる予定となっています。

In view of a possible reduction of dietary exposure to cadmium, existing maximum levels have recently been reviewed and additional maximum levels have been established for food commodities of concern for which no maximum levels existed yet. These new maximum levels aim especially at an increased protection of infants and young children and concern chocolate and several categories of infant formula.
For chocolate, three maximum levels have been established depending on the content of the chocolate varieties. The strictest maximum levels apply to the chocolate varieties mostly eaten by children. The darker the chocolate, the higher the maximum levels are. A fourth maximum level is set for cocoa powder destined for direct consumption. In order to allow the cocoa producing countries and chocolate industry to adapt to these new maximum levels, these maximum levels will only enter into force on 1 January 2019.

https://ec.europa.eu/food/safety/chemical_safety/contaminants/catalogue/cadmium_en

厚生労働省の見解

日本の厚生労働省でも、カカオ商品を長期的に摂取することで、健康被害の可能性があると危惧しています。

日本国内での高カカオチョコレートを調べたところ、

  • カドミウム含有は銘柄で差が大きかった
  • 脂質量が多いから摂りすぎに注意
  • 通常チョコレートと比べ4倍ニッケルを含む
  • 毒素であるアフラトキシンが微量検出

という調査結果が公表されています。

明治・ロッテで発売する商品も例外ではありません。それらを長期的に摂取すれば、主に肝臓障害を引き起こすと可能性があるとのことです。

高カカオをうたったチョコレート(結果報告) - 厚生労働省(PDF)
まとめ

国内外の調査で、明らかにダークチョコレートや高カカオをうたった商品にはカドニウム汚染があるようです。

高カカオに含まれるフラボノイドでBDNFが上昇すると言う調査もありますが、加工処理されていないブルーベリーなどの果物から取った方が良さそうです。

関連記事