バコパって健常者に効果あるの?

土曜日, 11月 05, 2016

パコパについては、健常者に対して、認知機能向上を示す”エビデンスがある”数少ないスマドラです[2,3]。しかし、「効果がない!」とうい調査結果も存在します。そんな中、健常者を対象にした最新調査(2016年10月)が発表されました[1]

調査内容

19-22歳の医学生が対象、6週間、150mgのバコパ(Bacognize®)を日に2回を摂取するグループとプラセボ群に分け、さまざまな認知機能課題を行い調査をしています。

バコパ群にみられた結果をまとめると、

  • ワーキングメモリ、注意力の向上(Digit Span)
  • 瞬間的な言語理解、想起能力の向上(Logical Memory, Memory Span)

血液の変化もみられています

  • カルシウム濃度の上昇
  • 総コレステロール値の減少(しかし、プラセボ群と比較したら統計的に十分ではない)

海外ネットの反応

基準値となる摂取する前の測定で差が大きいので(プラセボ群の方が全体的に高い)、”統計的に間違いが生じやすい”ということも指摘されています。例えば、ロジカルメモリ課題でもバコパ群は3.4で、プラセボ群は5.5が基準値です。

Bacognizeの体験談は?

Bacognizeの主な特徴は、有効成分であるBacosideが45%に標準化されています。米アマゾンでも人気ですが、スマドラ企業で、この商標がよく選ばれています。

20週間以上は推奨されてない

ハーブ系は懐疑的だったけど、本当に効果を感じています!慢性的な肝臓の病気があります。医者に聞いたり自身で調べても、バコパには、深刻な悪影響をもたらす相互作用はないようです。また、メニエール病持ちでもあります。メニエール病からのブレインフォグにも効果があるようで、摂取時に頭がより冴えるようになりました。WebMDでは、短期間(20週間)のみの摂取を推奨しているので、その後は断薬して、ブレインフォグが再発するか経過をみたいと思います。

落ち着いた性格に

一週間摂取を継続すると、苛立ちやストレスが緩和されているのを感じます。そして、記憶力も少し良くなっている気がします。気分は、安定するように思います。なんというか、”楽観的”や”平穏”という感じです。最初は、鎮静的な効果をマイナスだと感じていましたが、日に日にマシになってきています。躁病のような人や、ストレス感じる人にお勧めします。精神安定剤のような薬ではないから、間違わないでね。でも、自分には確実に記憶力、気分、認知機能にある程度の効果を感じています。

まとめ

”バコパで無気力になる”という報告も多くありますが、どうしてもBacognizeの商品を試してみたいという人は、VITACOSTで安く購入できます。IherbではHImalayaのバコパが人気で好評のようです。自分も次回に試してみたいと思っています。

  1. Efficacy of Standardized Extract of Bacopa monnieri (Bacognize®) on Cognitive Functions of Medical Students: A Six-Week, Randomized Placebo-Controlled Trial(2016)
  2. The acute effects of an extract of Bacopa monniera (Brahmi) on cognitive function in healthy normal subjects
  3. Chronic effects of Brahmi (Bacopa monnieri) on human memory

関連記事