フェニルピラセタムでドーパミン受容体がアップレギュレーション?

日曜日, 9月 25, 2016

フェニルピラセタムは、精神疲労の軽減に効果的で、刺激性の高いラセタムです。作用について、たびたび海外で議論が行われています。

ドーパミン受容体のアップレギュレーション?

ラット実験では、フェニルピラセタム投与により、ドーパミンD2・D3受容体密度の増加が報告されています。この報告が理由で、ドーパミン受容体アップレギュレーション方法として紹介や、サプリメント宣伝にも使われています。

The effects of scopolamine and the nootropic drug phenotropil on rat brain neurotransmitter receptors during testing of the conditioned passive avoidance task

Phenotropil considerably increased the density of dopamine D2 and D3 receptors by 29% and 62%, respectively.

ドーパミン再取り込み阻害作用の報告

もう一方、「フェニルピラセタムはドーパミン再取り込み阻害作用がある」という主張がされています。ドーパミン再取り込み阻害薬であるなら、全く逆に、ドーパミン受容体の密度が減少します。

あるラット実験では、ドーパミン・セロトニン受容体の減少を報告しています。

Piracetam and piracetam-like drugs: from basic science to novel clinical applications to CNS disorders.

injection of this drug (100mg/kg, intraperitoneally) to rats increases the numbers of both nACh and NMDA receptors, but decreases serotonin and dopamine receptors in the brain tissue


また、製薬会社の薬品特許説明では、

R体のフェニルピラセタムに、ドーパミン再取り込み阻害作用が確認されました。純のドーパミン再取り込み阻害薬と違い、神経保護作用などの追加的効果があるかもしれない。

とういことを、エビデンスを示して主張しています。

Prior to the surprising finding of the present inventors that (R)-phenylpiracetam acts as a dopamine re-uptake transporter inhibitor, the precise pharmacological mechanism of action of phenylpiracetam had not been elucidated. In pharmacological studies phenylpiracetam was found to activate the operant behaviour, to counteract psychodepressant effects of diazepam, to inhibit post-rotational nystagmus, and to prevent the development of retrograde amnesia. It also exhibited anticonvulsant action (Bobkov et al., Biull Eksp Biol Med. 95, 50-53, 1983) and some neuroprotective activity in experimental cerebral ischemia (Tiurenkov et al., Eksp Klin Farmakol., 70, 24-29, 2007). Thus, phenylpiracetam exhibits additional pharmacological effects, which are not yet fully identified and are differentiating phenylpiracetam from other pure dopamine reuptake transporter inhibitors.
まとめ

フェニルピラセタムがドーパミン受容体密度を増加させるエビデンスに乏しいです。それに、”刺激薬として扱われている”、”耐性の報告が多い”のは確かで、継続的に服用した場合、ダウンレギュレーションすると思いますけどね・・・

なので、一時的に”やる気”や”精神疲労を軽減”するのは、効果的だと思いますが、反動が来るはずです。常用は避けるべきですね。と言ってもフェニルピラセタムも効果がないという人は結構いるので、そこまで強くないんでしょうが。

関連記事