ウィザフェリンAの毒性って心配するほどなの?

月曜日, 9月 12, 2016

日本では、アシュワガンダに含まれるウィザフェリンA(Withaferin A)に毒性が高いとして、アシュワガンダの製造・販売することが禁止されています。

厚生労働省の見解

「withaferin A はウィザニアに一般的に含有される毒性の強い成分であり、 withaferin A の毒性は無視できないと考えております。」とのこと、

Iherbから購入は可能で、用量の規制はありません。

ウィザフェリンAとは

特性

  • 抗炎症(Anti-inflammatory)
  • 抗腫瘍(Anti-tumor)
  • 免疫抑制(Immunosuppressive)
  • 細胞の運動と浸潤を阻害(Cell motility and invasion)
  • 血管新生阻害(Anti-angiogenesis)

日本語Wikiはないので、英語版WikiページによるとウィザフェリンAの特性は、ほとんどガン治療関連の説明でした。ウィザフェリンAは抗癌作用の強い成分で、主にガン治療の研究が行われています。


葉に多く含まれる

  • 5,6-epoxy steroidal lactones Withaferin Aに関しては、葉に22.31mg/g、根に0.92mg/g
  • 17-hydroxy-27-deoxy-Withaferin Aに関しては、葉に3.61mg/g、根に0.66mg/g

葉と根では、ウィザフェリンAの含有量が6-22倍違いがあるようです。

通常サプリメントの安全性

ラット実験

ウィザニアA 4.5%(サプリメントでは通常1%未満)を含むアシュワガンダ用いて、安全性を調べるラット実験を行った結果、

28日間、2000mg/kg/dayでもいかなる副作用をみせない。臓器や脳へのダメージがみられなかった。

Safety assessment of Withania somnifera extract standardized for Withaferin A: Acute and sub-acute toxicity study(2016)

In summary, the results of sub-acute toxicity suggest that oral administration of WSE containing 4.5% of Withaferin A at level up to 2000 mg/kg/day does not cause adverse effects in male and female rats.


健常者を対象にした安全性・耐性の調査

18名の若い健常者を対象にして、30日間、10日毎に用量(750mg/1000mg/1250mg)を変え、耐性・安全性を調べた。

  • いかなる用量でも副作用をみせず、安全なようである
  • 筋肉の活動が増加し、サルコペニア(加齢性の筋減少症)の改善にも良いかも?

という結論を出した。

Exploratory study to evaluate tolerability, safety, and activity of Ashwagandha (Withania somnifera) in healthy volunteers.(2012)

The formulation appeared safe and strengthened muscle activity. In view of its traditional Rasayana use, further studies are planned to evaluate potential of this drug in patients of sarcopenia.


その他リスク

  • 流産が起こりやすい、また授乳期の乳児に対しても危険
  • ナス科の野菜にアレルギーを持っている人は、重篤な症状を引き起こす恐れがある
  • 甲状腺機能亢進症を悪化
まとめ

KSM-66は、根だけの抽出物で、さらに毒性の強いフィザフェリンAは低くする処理をしています。しかも、コスパも最強で、最も人気なアシュワガンダなのも納得!

関連記事