粉市 - ピラセタムを永久的に販売停止を決定

水曜日, 8月 31, 2016

海外で最も人気がある粉市(PowderCity)が、ピラセタムを永久的に販売停止することを決定しました。その経緯を掲示板で述べています。

現在、多くの国への発送を中止し、扱っている商品数も半分になっています。その理由は、「ヌートロピック」「非栄養補助食品」という言葉にどこの銀行もビビって、クレジットカード用口座の開設できないようです。

また、g2webservices.comで,”高リスク”の取り引き会社と評価され、さらに取り引きが難しくなっています。この要因に、誰かが不正なカードで、多くの商品が購入して、チャージバックがされたためだと述べています。

対策で、legitscript.comというサイトを見て、リスクがある商品を除外したみたいです。このlegitscript.comで、どの国で販売が非許可(Red Flag)になっているか、処方薬になっているか確認できます。

多くの国で処方薬として扱われている、またはRed Flagになっているドラッグを扱っている場合、高リスクだとみられ、銀行と取り引きが難しいようです。ピラセタムの場合は、多くの国で処方薬になっていますし、アメリカではRed flagになっているため、かなりリスクの高い薬品だとみられています。

他のヌートロピック企業が使用している支払い処理口座に申請しても、企業の規模の大きさから非許可になっています。

まとめ
          
  • チャージバックが多発し、口座が凍結
  • 企業規模の大きさ、最近のチャージバックの多さから、リスクの高い商品を扱える口座を開設できない
  • 比較的リスクの低い薬品は、小規模な別のサイトで販売する予定

関連記事