後悔しても遅い、ヌーペプトの副作用『ヴィジュアル・スノー』とは

月曜日, 8月 22, 2016


海外の掲示板では、ヌーペプトによる『ビジュアル・スノー』という視覚障害が発症する事例が報告されています。


まず、ビジュアル・スノーって?

2014年に定義された視覚障害で、視覚に「テレビの砂嵐がかかった状態」がずっと残るというという恐ろしい症状です。認知度の低さの故に、他の症状と誤診されやすい障害でもあります。現在のところ、一度発症すると有効な治療法もなく、完治するのは難しいようです。

ヌーペプトによる"悲惨"な報告例

  1. 数年前に脳に障害を持った男性が、脳に良かれと思いヌーペプトを摂取。10mgを一度とっただけで、ビジュアル・スノーと離人感を発症。数日後も症状は改善されず、「直感を信じて止めておけば・・・」と最後に悲痛さ表しています。
    Noopept gave me visual snow and depersonalization

  2. HDDP(Hallucinogen persisting perception disorder)という幻覚剤によって体験した感覚が突如再現される症状を持つ人が、ヌーペプトによりHDDPが再発症。ヌーペプトを止めて、2日経過してもHDDPによる視覚障害が改善されず。
    WARNING! If you have or had HPPD, be careful with Noopept.

上記以外でも、視覚障害を発症・再発するという”悲惨”な体験談が、スマドラ・コミュニティー(Reddit/Longecity)で見つかります。それらの報告に共通してることが、

  1. 最初は視覚が鮮明になる
  2. 過去や現在に、脳や視覚に障害がある人

脳の異常、特に視覚障害があるなら、ヌーペプトは『ビジュアルスノー』の発症リスクを高めるようです。視覚を鮮明にする効果や、脳障害の改善すると報告されているので、治療目的で試してみて発症する最悪なケースも。

安全性を考えたら、ヌーペプトは1-2mgから初めても良さそうですね。それでも、ピラセタムと比べると1000倍の効果があるとされていて、1g-2gのピラセタムを取るのと同じ位に強力だと言われます。普通に摂取されてる20mgでも20gのピラセタム相当な効果・・・・オーバードーズの良い報告も多いですが、やはりスマドラは何でも”少量から”ですね。

訂正:読み直して、恐怖心を煽るような内容すぎたので「多発・ぞくぞく」という言葉を訂正しました。ただ、ラセタム系で視覚障害を訴える人は、Redditで見ると定期的にいるようです。

関連記事