ブルーライトによる影響と効果的な対策方法

日曜日, 7月 31, 2016

ブルーライトは太陽光に最も多く含まれ、朝に太陽光を浴びることで、起床時間であることのシグナルを送り、また”体内時計をリセット”する役割を果たす。同様に、日没後の「暗闇」は”睡眠のきっかけ”としての働く。これらは、太陽が主要な光の源であった過去に正しく機能していた。

現代では、スマホ・パソコン・テレビもまたブルーライトを放つ。それらのブルーライトを含む光を晩に浴びることで、脳を混乱させ、睡眠の質を落とし、徐々に「精神的な病気の悪化や、発症リスクの増加」繋がる可能性がある。

多く科学者は、夜に機械からの光を制限することによって、体内時計のリセット、睡眠の質の向上に役立つと提唱している。これらは、双極性障害のような精神疾患に深く関わっており、実行可能な追加的の治療として注目をしている。

近年の論文

2016年度の公表されたノルウェーの研究では、双極性障害の患者を対象に、「ブルーライトカット眼鏡の追加治療としての有効性」を調べた。これは、初めてプラセボ対照無作為化比較試験で行われた臨床試験である。

入院している23名の患者の12名に「こはく色のメガネ」を夜に付けるグループと、付けないグループの11名に分け、一週間、躁病度をテストする「ヤング躁病評価尺度」によって計測した。

スコアは、付けるグループに平均14ポイント高い数値がみられた。これは医者が”十分な差がある”と考える2倍の数値である。そして、この研究の著者は、「著しく高い効果量と、入眠時間の向上が僅か3日でみられた」と述べている[1]

メラトニンの抑制

1990年代に認知され始めてきた、Intrinsically photosensitive retinal ganglion cells(ipRGCs)という哺乳類の網膜に存在する神経細胞が”ブルーライト”によって刺激を受ける。そして、メラトニン生産、体内時計を管理する”視床下部”や、気分・感情に関連する”辺縁系”に影響を与える。

こはく色のメガネにおける研究は限られているが、脳に夜だと錯覚させる。そして、視床下部の一部である”松果体”に睡眠ホルモンである”メラトニン”の生産を促す。いくつかの臨床試験で、ブルーライトをカットすることにより、はっきりとしたメラトニンレベルの差がみられている[4]

2009年度の健常者に対して行われた研究では、「メガネの色の違いによる睡眠の質」を調べた。20名の参加者は、”こはく色"と"黄色"のメガネの2つのグループに分けられ(ランダム化)、睡眠の3時間前にそれぞれのメガネを使用した。そして、3週間(1週間のベースライン測定、2週間のメガネ使用)、日記を付けることが求められた。結論では、"こはく色"のメガネを使用したグループに十分な睡眠の質・気分の向上がみられた[2]

2005年に躁病患者に行われたDark therapy(6pm~8amの間、暗闇の部屋に隔離する治療方法)でも、十分に躁病が改善みられた[3]。しかしながら、実際の生活の中で、このような暗闇を作りだすことは難しい。最も簡単で効果的に導入できる方法が、ブルーライトをカットするメガネの導入である。

”医者がおすすめ”するメガネ・ゴーグル

Uvex Skyper Blue Light Blocking Computer Glasses with SCT-Orange Lens (S1933X)

米アマゾンで目の保護のメガネで『ベストセラー』になっている製品である。98%+のブルーライトを防ぐとし、価格も$8.95で安価である。日本のアマゾンで同品を購入すると6000円近くする。

Uvex S0360X Ultra-spec 2000 Safety Eyewear, Orange Frame, SCT-Orange UV Extreme Anti-Fog Lens

ゴーグルタイプで横からのブルーライトも防ぐことができる。$7.80で安価で、こちらも人気商品となっている。

パソコン・スマホは『F.lux』『Twilight』『CF.lumen』などのアプリでブルーライトを軽減できるため、夜テレビを見る人には、メガネのタイプがお勧めである。

日本アマゾンで『ブルーライト メガネ』で検索すると、ほとんど無色・黄色・灰色のものである。しかし、実際に臨床試験で効果があるとされているのは、"こはく色"をしたメガネになる。米アマゾンを利用した場合は、”5ドル程度”の送料がかかる位で、クレジットカードさえあれば、登録して購入するまで5分で済み、商品は1〜2週間で届く。

ちなみに、日本アマゾンで『ベストセラー』となっているのが下の商品である。ブルーライトカット率は65%で、価格は2300円程度である。

ELECOM ブルーライト対策眼鏡 超吸収 ブラウンレンズ グレー OG-YBLP01GY

まとめ

  • ”こはく色”のメガネが臨床試験で使われていて、睡眠の質改善により効果的
  • 3日程度で、”差”が観測できるほど即効性がある
  • 容易に実行可能な双極性障害・躁病などの"追加治療"として効果的
  • 精神疾患にない健常者にも睡眠の質・気分の向上がみられる
  • 米アマゾンやEbayで購入した方が断然お買い得で、なおかつ高性能

関連記事